悪い歯並びを改善するべき!その理由や治療法

2016年5月24日

なぜ歯並びが悪いと駄目なのか

歯並びが悪いと、どうしても見た目が悪くなります。その見た目の悪さから素直に笑えなかったり自信がなくなるなどすると精神面にも悪い影響が出てしまいます。影響はそれだけではなく、噛み合わせが悪くなるので顎が歪む可能性があります。状態が更に悪くなると顎関節症などに進むこともあり、顔全体に影響してきます。顔の次は背骨にまで影響し、体全体が歪んでしまうことになります。なので、たかが歯並びと慢心しないことが大切です。

治療は歯医者で矯正する

歯並びを改善するのは、歯医者で矯正するしかありません。乱れた歯並びは放っておくほど状態が悪くなるので早い時期に手を打たなければいけません。歯の表面に矯正器具をつけるのが基本となりますが、目立つので人によっては敬遠しがちです。ただ、歯の裏に矯正器具をつける目立たない治療法もあるので活用したいです。その際は、多少金額が多くなったり治療期間が変わったりするので歯医者に条件などをしっかり確認する必要があります。

歯並びが悪くならないようにする努力

もし矯正をして歯並びが良くなったとしても、その効果は永久に続くものではありません。間違った生活をしていると、せっかく矯正しても元通りになります。例えば右側ばかりで噛むなどしているとバランスが悪くなり歪みが生じてきます。なので意識的に左右の歯を使いたいです。寝ている時の歯ぎしりも歯を痛めつける原因なので改善したいです。歯ぎしりはストレスが主な発生原因なのでストレスを取り除くことで歯ぎしりを解消できます。

出っ歯の矯正をした方がよい理由は、見た目の問題だけでなく、虫歯や歯周病に成り易いなど健康に害が出ることがあるからです。